不労所得

会社員はストック収入をもて

更新日:

 

収入には、フロー収入とストック収入がありますね。

本業であれ副業であれビジネスをするのであれば、ストック収入を得られるビジネスをすべきです。ストック収入があれば、一時的に働けなくなっても、収入は0にはならないからです。

さて、まずは、フロー収入について解説したいと思います。

フロー収入とデメリット

フロー収入は、毎回モノやサービスを販売して、収入を得ることです。カフェやアパレルショップなどは、その都度商品を売ることで、収入を得ていますから、フロー収入ということです。

フロー収入は、一度ヒットすると大きな売り上げが上がり、大きく稼ぐことが可能です。

しかし、景気次第では、全く売れなくなってしまうこともあり、その点で、収入が安定しないともいえるでしょう。一度、売れなくなってしまえば、悪循環に陥り、再び売れるようになるまで難しいこともあります。

フロー収入をアップさせるには、規模を拡大しないといけません。事務所を増床して、スタッフを増員して、資金や設備も追加で必要になってくるでしょう。一般的に、フロー収入を増やすには、売り上げ規模の拡大が必要で、それに伴う、投資が必要不可欠です。

会社員の給料もフロー収入です。なぜなら、毎月安定的に収入が入ってくるとしても、それは自分の労働を提供して働いた結果であって、働くことは基本的に、多くの人ができますし、自分の時間を費やさないと給料が得られないからです。

会社に雇われている限り、会社の業績に自分の収入や雇用状況も左右されることになります。景気が悪ければ、収入が減ったり、リストラにあってしまえば、これまで会社内で積み上げてきた実績は、0になってしまうのです。

身を粉にして働き続けないといけなくて、出勤して働かなければ、収入が0になってしまうので、会社員の給料もフロー収入なのです。

ストック収入は最初の仕組みづくりがポイント

一方、ストック収入についてです。

ストック収入とは、皆が利用しているサービスでは、ガス・水道・電気などです。一度、設備をつくって顧客に契約をしてもらえば、めったに解約などはされないので、ずっと安定的な収入になります。最初に作った仕組みが永久に稼ぎ続けてくれるのです。設備のメンテナンス・点検は必要でしょうが、仕組みがあるので、未来永劫稼ぎ続けてくれるので、ストック収入の代表格だといえるでしょう。

最近では、Amazonプライム、クラウド会計、といった毎月の継続課金サービスがでてきているので、今以上にストックビジネスが注目されてくるでしょう。

私たちの身の回りでいうストック収入は何があるでしょうか。

銀行預金の利息は、安定的に入ってきます。ただ、銀行預金の利息は、1%未満と、低すぎるので、ストック収入と呼ぶには程遠いのではないでしょうか。その一方で、株式投資の配当金や投資信託に目を向けると、5%を越える配当も得られますが、株価の変動もありますので、リスクを伴います。

フロー収入×ストック収入

多くの人は会社員ですから、フロー収入がメインで、ストック収入を持っている人なんてあまりいないのです。しかし、フロー収入だけに頼っていると、業績の良かった会社が 突然傾き始めて リストラに遭ってしまったり、給料が減ることもありえます。会社の事情もありますが、自分自身の事情として、病気やケガで、体調不良になり、働けなくなれば、収入が途絶えてしまいます。

これが現実です。だから、この現実を受け入れ、今のうちから、今得ているフロー収入に加えて、ストック収入を作っていくべきなのです。気づいたときが始めるチャンスです。おそらく、多くの会社員はストック収入をもっていません。

だから、この記事を読んだあなたは、フロー収入の不安定さ、ストック収入の安定さ、に気づけているのです。この機会を無駄にすることなく、ストック収入を作る準備を始めておいてほしいものです。

フロー収入とストック収入があれば、安定度抜群です。

 



片手間で 平均 月10万~20万の利益を得たいあなたはメルマガへご登録ください! 画像の説明文

倒産品/在庫処分品の「仕入れメール!」
⇒ 仕入れて毎月平均11万の利益に!メール登録すると倒産品案件を受け取れます。

業界初の「不労所得メルマガ!」
⇒ たった1度の紹介でずっと不労所得♪がコンセプトのメルマガ。あなたも不労所得を作り出せますよ!

毎日1分!日刊ビジネスTips!メルマガ」購読者数20 万人越え!
⇒ 毎日1分で読めるビジネスのTips(ヒント)をお届けするモンスターメルマガ。日刊です。

-不労所得

Copyright© 倒産品社長の稼ぐチカラ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.