ビジネスモデル

ホリエモン式儲かる商売4つの原則

更新日:

ホリエモン(堀江貴文氏)が儲かる商売4原則というものを提唱しています。この4原則に沿ってビジネスをすれば「儲かる」とのことです。金なし、実績なし、信用なし、コネなしの個人起業家が事業をする上で、このホリエモンの商売4原則は覚えておくべきでしょうね。

ここでは、ホリエモンのいう「儲かる商売4原則」を1つ1つ見ていきましょう。

利益率が高い

まず第一にそのビジネスの利益率が高くないといけません。利益率が高ければ、一つの商品を売ることで大きな利益を確保できるからです。同じ10000円の売り上げでも、原価が500円の品と、5000円の品とであれば、前者の方が利益率は高くなります。

物販の場合は、棚卸の際に、在庫が実際と帳簿上とで合わないことがあるのですが、ビジネスで十分な利益があれば、多少の誤差も許容範囲となりますね。逆に利益率が低ければ、少しのミスも許されず、相当シビアに、見ていくことになるでしょう。

ビジネスでは、単価の高いものを売るより、数を売る方が難しいといわれます。30万円の商品を1個売ることよりも、1万円の商品を30個売ることの方が難しいのです。どちらも同じ売り上げにはなりますが、後者の数を売ることの方が難しいのですね。

その点で 同じ売り上げを上げるなら利益率が高い商品を扱うことが会社経営にとってメリットは大きいです。

小資本で開始できる

小資本でスタートできるのも要素の一つです。逆に、初期投資が大きなビジネスはリスクが大きすぎてその投資分を回収するのに時間がかかります。小資金や初期投資0円で済むならばリスクが少なくスタートできるのです。

投資にお金を費やしたほうが稼げると錯覚するときがあるかもしれませんがそんなことはありません。実際、お金をかけたビジネスがうまくいかなかったり、毎月損失だけを出し続けてしまったということなどたくさんの事例があります。

今の時代は特にインターネット関連のビジネスが小資金でできるので、何かニッチなスキマビジネスができないか探してみるとよいかもしれません。もし、初期投資額が許容額を超えてかかるのであれば、再考する必要があり、小資金や初期投資を0にして でできないのかを考えてみるとよいでしょう。

在庫を持たない

在庫を持たないのも要素の一つです。在庫を仕入れる商売は、最初に在庫分の資金がでていくわけですから、その商品在庫が売れてようやく現金化できるというわけです。売れなかった場合は、いくら仕入れ金額がかかっていても、現金にはなりません。

在庫を持つ持たないというのは、キャッシュフローにも関わってきますので、できるなら在庫は持たない方が良いです。在庫を持って売れたとしても、そこでビジネスは終わらず、次に売る商品を仕入れる必要があるので、また在庫になってしまうのです。それが積み重なると在庫の山となるのです。

私の物販では、買取という性質上、在庫を持つ必要があるのですが、買取金額が安いので、あまり気にしていませんが、やはり今後を考えると、在庫なしのビジネスを取り入れて検討していきたいところです。

毎月の定期収入を確保できる

商品やサービスから毎月の定期収入を確保できることは大事なポイントです。継続性があれば、それが定期的な収入になるので、事業経営に安定をもたらしますね。ビジネスに継続性があれば、先の展開を考えることができますし、さらなるサービスをリリースすることもできると思います。

多くのビジネスでは、商品を単発で売り切る、その繰り返しですので、フロー収入になっています。フロー収入を作るのは、カンタンかもしれませんが、それは起業初期だけにしておいて、徐々に毎月継続収入となるようなサービスをリリースしていくべきと思います。

なぜなら、フロー収入は景気や流行に左右され、売れるときは売れますが売れないときはとことん売れないからです。ビジネスを続けていく中で、継続課金するストック収入のビジネスを取り入れていくと、だんだん経営がラクになっていくと思います。

定期収入がもたらすメリットは、事業経営の安定、精神の安定と、経営者にとって良いことが多いです。そうすれば、新しいビジネスを作ることもできますし、経営についてもっと考える時間が取れると思います。

儲かる4原則を知ってどうする?

「儲かる4原則はわかった。でもどうする?何を自社でやるのか?どう活かすのか?何をやればいいのか?」これが一番重要です。利益率が高くて、小資本で開始できて、在庫を持たずに、継続収入につながるビジネス…。そんなものあると思いますか?

それはただ理想を言っているだけで、そんな4原則に当てはまるビジネスなんてないと思われないでしょうか?一般的には、そんな都合の良いビジネスはないでしょうが、ネットビジネスの世界には存在するのです。

儲かる商売の4原則を満たすのは「アフィリエイト」です。

利益率50%~80%!

私のやっている物販業界の利益率(粗利率)は、約20%ほどです。それがアフィリエイトであれば、少なくとも50%以上になります。情報商材であれば利益率80%というものも存在します。例えば、10000円の情報を売れば、利益額は8000円となります。理由は、情報商材には、ほとんど原価がかかっていないからなのです。

小資本!自分の労力のみ!

アフィリエイトは資金が要りません。最低限必要なものとしては、パソコンです。そして、ブログやホームページを作成する必要はあるので、その点でちょっとした費用は必要です。目安として、ドメイン代1年で約1500円、サーバー代1年で約1万円(ピンキリです)この程度だと思います。

あとはブログを作って、記事を書いていく作業が必要になりますが、資金としてはそれほど必要ありません。

在庫なし!

ブログなどの記事で商品を紹介して成約となれば、販売元企業から紹介料(アフィリエイト報酬)を得ることができます。その点で、在庫は販売元企業がもっていますし、あなたが在庫を抱える必要ありません。ただ紹介して売れたときに、紹介料が入ってくるビジネスモデルなのです。

継続的収入につながる!

アフィリエイトでは、一度収入が発生する仕組みを作ってしまえば、継続的に収入が発生するようになります。ブログは365日24時間営業してくれるからです。

それがヤフオクやイーベイなどの物販ビジネスの多くは、商品を仕入れて、出品して、発送して、という作業が必要です。一度、この流れを止めてしまえば、当然、商品は売れなくなるわけで、労働作業は続きますね。

一方のアフィリエイトであれば、ブログ記事を書いて、商品が売れる仕組みを作ってしまえば、すぐに収入が止まるということは考えづらく、その点で、自動的に収入が入ってくる仕組みといえるのです。

 

アフィリエイトは儲かる商売4原則に当てはまった理想の稼ぎ方

今、脱サラして、自分で独立してビジネスを始めたいと思っている人も多いことでしょう。でも、一般的に、独立起業するには、金融機関から借り入れをして、設備投資をして、人を雇う必要があります。

ですが、それは過去の話で、今では、ネットビジネスに目を向けると、ホリエモン(堀江貴文氏)提唱の儲かる商売4原則に当てはまったビジネスがあるのです。それがアフィリエイトであり、理想の稼ぎ方です。

たくさんの商品を仕入れて、売っていくスタイルのビジネスをするのであれば、それも方法の一つです。確かに、手っ取り早く売り上げを作るには、物販がおすすめです。しかし、物販で売り上げが出せるようになれば、徐々にアフィリエイトにシフトチェンジしていく選択肢をもっておくことをおすすめします。

 



片手間で 平均 月10万~20万の利益を得たいあなたはメルマガへご登録ください! 画像の説明文

倒産品/在庫処分品の「仕入れメール!」
⇒ 仕入れて毎月平均11万の利益に!メール登録すると倒産品案件を受け取れます。

業界初の「不労所得メルマガ!」
⇒ たった1度の紹介でずっと不労所得♪がコンセプトのメルマガ。あなたも不労所得を作り出せますよ!

毎日1分!日刊ビジネスTips!メルマガ」購読者数20 万人越え!
⇒ 毎日1分で読めるビジネスのTips(ヒント)をお届けするモンスターメルマガ。日刊です。

-ビジネスモデル

Copyright© 倒産品社長の稼ぐチカラ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.