ビジネスモデル

ビジネスモデル変更の必要性

投稿日:

今まで物販をはじめとする労働集約型ビジネスを続けてきたわけですが、徐々に、自動収益化モデルへと変更させていっています。

労働集約型ビジネスのデメリットは、余計な時間をとられるということです。その時間が収益に直結しないので、無駄に感じるのです。たとえば、楽天市場のお客さんからの問い合わせ、同業者からの依頼、それらに関して、付随して発生する作業など。

無駄な10分の作業は、その周りに影響してきますね。10分だけ時間を確保したら済む話ではないのです。その件に関して、たとえば、対応策を考えたり、電話をしたり、質問されて、仲介的な動きをしたりと、振り回されてる感はありますね。

何でも仕事受けます的な人は、同時進行で様々な仕事をやって、成り立っているのでしょうが、それはビジネスとはいえないでしょう。中学生でもできることをやったところでビジネスとはいえません。

ただ、起業初心者の場合や稼ぐネタが全くないのであれば、他人の持ってきたネタを使って稼ぐしかありません。ですが、起業して数年経ったのであれば、ある程度、自社のビジネスや方向性って決まってくるでしょうから、自社のビジネスを広げていけばいいのです。

冒頭の労働集約型ビジネスは、無駄な時間がとられ、現場で経営者がすべき仕事ではありません。また他人のビジネスを仲介で何社か入って、情報仲介をするのは、サブくらいにしておいて、メインにはしたくありませんね。

そりゃ仲介系で、同時進行で300、400と抱えられるなら、仕組化してやっていくのもありでしょうが、数件の情報収集メールや電話対応に時間をとられることは避けないといけません。

私は今は、ほぼ電話対応はしません。ほかにすべきことがあるからです。電話というのは、相手都合でかけてくるので、こちらの時間を奪われるだけです。

というわけで、私は自社のこれから目指す方向でのビジネスモデルを作っているのですが、それができるまでは、極力、無駄な電話やメールは控えたいと思います。

基本的に、相手に時間をとってもらうなら、相手にもたらすベネフィットを何か提供しないと無意味なだけです。自社都合の一方的な説明(セールス)は、迷惑なだけですね。



片手間で 平均 月10万~20万の利益を得たいあなたはメルマガへご登録ください! 画像の説明文

倒産品/在庫処分品の「仕入れメール!」
⇒ 仕入れて毎月平均11万の利益に!メール登録すると倒産品案件を受け取れます。

業界初の「不労所得メルマガ!」
⇒ たった1度の紹介でずっと不労所得♪がコンセプトのメルマガ。あなたも不労所得を作り出せますよ!

毎日1分!日刊ビジネスTips!メルマガ」購読者数20 万人越え!
⇒ 毎日1分で読めるビジネスのTips(ヒント)をお届けするモンスターメルマガ。日刊です。

-ビジネスモデル

Copyright© 倒産品社長の稼ぐチカラ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.