集客

飲食店が雨の日に客足を伸ばす方法とは?

更新日:

雨の日の飲食店へのお客さん来店数って少なくないでしょうか?実店舗をもって商売をしている人なら経験済みだと思われますが、雨の日って、天気の良い日よりもお客さんが来ないのですね。雨の日に関わらず、台風の日や、雪の日も同様に、客足は鈍りますね。

ただ、外の天気は自分では変えることができませんが、天候が悪いからこそ、天候を逆手に取った集客対策をすることもできるのです。天気が変わって、お店の販促を晴れの人同じにしていては、お客さんの来店は減るだけですよ。

ぜひ、今回の記事を読んで、飲食店でできる「雨の日(平日の日)の集客対策」を考えるきっかけにしてください。それで、将来的にあなたのお店が、天候に関わらず、繁盛店になれば、私としてもうれしいです。

飲食店は雨の日の売上を上げることが最重要課題

雨の日というのは、傾向として会社や学校から直帰したり、駅チカ駅ナカの店舗にお客さんが集中する傾向にあります。また外出を控えようと考える人は多いのです。居酒屋などをやっている飲食店オーナーにとっては、雨の日にどうやって売り上げを作ろうかと悩まれる方も多いのではないでしょうか?

前日から雨が降るとわかっているときには、食材が破棄ロスになる可能性を考えて、当日の食材仕入れを少なくしたりしますよね。雨の要因で売上が下がると思われるから、予め原価を抑えておくという方法です。

またお店によっては、スタッフの勤務時間をカットするなどして、お客さんの数に合わせたスタッフ数、勤務時間にされているところもあると思います。

そのようなコストカット対策をすることで、雨によって たとえ売り上げが減ったとしても、粗利が少なくなるだけで、マイナスにはならないから問題なしと判断されているのかもしれません。

ただ、雨の日に、守りの対策 だけをしていては、マイナスになることはなくても、晴れていた場合に見込めた売上が上がりません。そこで、飲食店経営者は、雨の日にどのようにして売り上げを上げるかを考えるのです。

一般的な方法としては、雨の日割引というのがありますね。雨が降っている中、来店してくれたお客様には、ある特定商品の割引をするという対策です。雨の日割引を続けていけば、お客さんは「雨が降ったからあの店に行こう」と思いだしてくれるようになります。

ただこの割引サービスは、店舗のコンセプト次第です。あまりに割引しすぎて、イメージダウンにつながり、お店のブランドが崩れるのであれば、雨の日であっても割引サービスなどはしないほうがいいと思います。

平日の売上を上げることも大事

雨の日に加えて平日も売上を上げる必要があります。一般的に、飲食店の平日は、お客さんが少ないからです。お客さんが少ない平日こそ、売上を上げたい経営者は多いのではないでしょうか。週末になると、何もしなくても、大抵の飲食店はお客さんでいっぱいになり、売り上げは上がるからです。

平日にできることとしては何があるでしょうか?

例えば、平日のランチ営業です。もし、平日の夜にお客さんが入っていない状況が続いているのなら、平日のランチ営業を検討してみてはいかがでしょうか。ランチでは、利益が出ないと思われるでしょうが、平日のランチを集客商品と位置付けるのです。

オフィス街のランチはどこも満員な状況です。ランチで待ち時間があったり、ランチのお店に入店できたとしても、混雑していることはよくあります。自分のお店近辺で ランチ需要は多いものの、供給が足りていないという状況なのであれば、ランチ営業を開始して、お客さんを集めることが可能です。

そうすれば、一度、ランチでお客さんになってくれた方が、デートや家族と一緒に、夜に来てくれるかもしれませんよね。良いお店、よいメニューを提供していても、まずは、お店を認知してもらわなければ、集客することは難しいです。

平日のランチ営業を集客用に使って、夜の売り上げをあげていくという視点を検討してみてください。

お客さんの入りが少ない日に客足を伸ばす集客方法

多くの飲食店経営者がお客さんの少ない雨の日や平日こそ、お客さんを増やしたいと考えています。そこで提案できるのがメルマガ配信です。メルマガでは、お客さんへ様々なアプローチが可能です。

例えば、メルマガで 雨の日キャンペーンとして、ビール一杯無料にするとか、タクシー代1,000円までお店側が負担するサービスです。メルマガ文章もお店のスタッフの顔の見える内容にするなど工夫する余地はたくさんありますよ。

メールが毎日届くと鬱陶しいだけですが、毎週1回だけであればお客さんの迷惑にもならないので、ぜひ取り入れてみてください。メルマガによって、「待ち」の経営だったものが、「攻め」の経営へと変わっていきます。

たかがメールと侮ってはいけません。メール配信先のお客さんが100人、200人と増えていけば、メルマガの効果も徐々にでてきます。なぜなら、飲食店で顔の見えるメルマガを配信しているところは少なく、あなたのお店がメルマガを取り入れれば、他店との差別化にもなり、お客さんにお店の存在を思い出させることができるからです。

雨の日や平日に客足が増えずに悩んでいる飲食店オーナーは、一度メルマガの利用を考えてみてください。

こんなお店のオーナーであればメルマガに向いている!

居酒屋などの飲食店の集客ルートは、食べログが多いと思います。食べログ以外には、独自のホームページを作って、ブランディングしているお店もありますね。このようなお店は、インターネットをつかって集客したいと考えておられると思います。

ホームページをつくってブランディングをして、外部の無料ブログなどもしておられるのであれば、ネット集客に前向きなはずです!それであれば、ホームページとブログに加えて、メルマガも取り入れてみてはいかがでしょうか?

ホームページやブログは、プル型の媒体といわれ、お客さん自らメディアを訪問するしかありません。お客さんが訪問しなくなればアクセスは見込めず、予約につながらないのです。一方、メルマガは、プッシュ型の媒体といわれ、お店のオーナー自らお客さんへアプローチすることができるのです!

二件目三件目と居酒屋をはしごする際、二件目はどこ、三件目はどこ、などとお客さんが決めていると思いますか?決めていませんよね。ある意味では行き当たりばったりなのです。

ですから、週に1度だけでも、メルマガを送っていればお客さんにお店の名前を覚えてもらえるし、その人が誰かと飲みに行くときや食べに行くときには、そのメルマガを出してくれたお店へ足を運ぶきっかけになるでしょう。

ホームページやブログを持たれている 飲食店のオーナーさんは、早いうちに メルマガを取り入れると良いと思いますよ!



片手間で 平均 月10万~20万の利益を得たいあなたはメルマガへご登録ください! 画像の説明文

倒産品/在庫処分品の「仕入れメール!」
⇒ 仕入れて毎月平均11万の利益に!メール登録すると倒産品案件を受け取れます。

業界初の「不労所得メルマガ!」
⇒ たった1度の紹介でずっと不労所得♪がコンセプトのメルマガ。あなたも不労所得を作り出せますよ!

毎日1分!日刊ビジネスTips!メルマガ」購読者数20 万人越え!
⇒ 毎日1分で読めるビジネスのTips(ヒント)をお届けするモンスターメルマガ。日刊です。

-集客

Copyright© 倒産品社長の稼ぐチカラ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.